副業の確定申告

こんばんは。
税理士の村井です。

確定申告の真っ只中ですが、皆さんは確定申告の準備はいかがでしょうか?
今回は副業の確定申告についてお話をさせていただきます。
近年は、副業OKの会社も増えてきてますね。働き方改革の影響でしょうか。

副業の収入が必要経費を除いて、つまり所得が20万円超の場合は確定申告が必要になります。
給与所得以外の副業から得た収入は、雑所得として確定申告の対象になります。
必要経費の計算のために領収書やレシートを保管は保管しておいてくださいね。

この必要経費を収入から差し引いて20万円以下だった場合は、確定申告をする必要はありませんが、20万円以下でも申告すると、所得税が還付になるケースもあります。
それは副業による収入が、すでに源泉徴収されている場合です。
一度確認してみてください!

また、副業の所得が20万円以下なら確定申告をしなくてもいいのは、あくまでも「所得税」の話です。
もう一つ所得金額に応じて納めなければならない税金として「住民税」がありますが、住民税は副業の所得が20万円以下であっても確定申告は必要ですので、ご注意ください。

今はスマホでも確定申告をすることができますので、チャレンジしてみてください。

2021年03月08日