持続化給付金2

おはようございます。
税理士の村井です。

毎日ジメジメと暑く、今日は凄い雨ですねぇ!
梅雨だから仕方ないですけど・・・(^-^;

さてさて、昨日(6/29)より持続化給付金の支給対象枠が拡大されましたので、お知らせいたします。
以前は、2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ている法人・個人の方のみが対象でしたが、、以下の事業者が新たに対象となりました。

① 主たる収入を 雑所得・給与所得 で確定申告した個人事業者
② 2020年1月~3月 の間に創業した事業者

対象者の要件は・・・
(1)雇用契約によらない業務委託契約等に基づく収入であって、 雑所得・給与所得として   計上されるものを主たる収入として得ており、今後も事業継続する意思がある。
(2)今年の対象月の収入が昨年の月平均収入と比べて50%以上減少している。
(3)2019年以前から、被雇用者又は被扶養者ではない。

該当する方はぜひ申請してみてください。
事業を継続していくには資金が必要になりますので、給付金・支援金については貰えるものは貰っておきましょう。

2020年06月30日