持続化給付金

こんにちは。
税理士の村井です。

今回は、持続化給付金の申請についてお話いたします。

対象者は、
 1.事業収入(売上)が前年同月比 50%以上減少した法人(個人事業者)
 2.2019年以前に開業して事業収入があり、今後も事業を継続する意志がある事業者
 3.資本金または出資金の総額が10億円未満の法人
 4.常時雇用の従業員2,000人以下の事業者
2019年に開業した事業者や売上が特定の期間に偏っている事業者には特例があります。

給付額ですが、法人は200万円以内・個人事業主等は100万円以内を支給とのことです。
給付額の算出方法は、「給付額=前年の総売上(事業収入)-(前年同月比50%減の売上×12カ月)」となります。

申請受付期間は、補正予算案成立の翌日から令和3年1月15日です。
申請方法は法人・個人ともに、補正予算成立後に立ち上がる持続化給付金の申請用ホームページでの電子申請のみとなります。

<申請の流れ>
 ① まずは持続化給付金のホームページへアクセス(持続化給付金で検索)
 ② 申請ボタンを押して、メールアドレスなどを入力【仮登録】
 ③ 入力したメールアドレスに、メールが届いていることを確認して【本登録】へ
 ④ ID・パスワードを入力すると【マイページ】が作成される
 ⑤ 必要書類を添付

申請に必要な書類は、
 ① 前年の確定申告書の控え
 ② 対象月の売上がわかるもの
 ③ 振込先口座の通帳の写し
 ④ (個人の場合)本人確認書類

最後に注意点としては、1度給付を受けると再度申請できない点です。
1度給付を受けてしまうと、その後さらに事業収入が下がっても再度給付を申請することはできませんので、慎重にご検討ください。

2020年04月30日