年末調整について2

こんにちは。
税理士の村井です。

年末調整の時期になっており、会社員であれば還付金を楽しみにされているかも多いかと思います。年末に所得税を再計算し、源泉徴収の税金から納め過ぎがあれば、還付があるというものです。

年末調整の際に、「医療費をたくさん使ったんですが」「寄付をしたのですが」という質問をされます。
医療費控除や寄付金控除は、年末調整の計算対象となっておりません。

これらの控除を受けるには、会社員であっても確定申告をしなくてはいけません。
医療費控除や寄付金控除を受けると税金が戻ってくるお得な制度ですので、ぜひとも活用していただければと思います。

確定申告を聞くと手間がかかって手続きが面倒くさそうと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、医療費控除や寄附金控除を使うだけであれば、そんなに難しい手続きではありません。
確定申告をする際に必要な書類は・・・
① 確定申告書
② 勤務先の源泉徴収票
③ 寄付金受領証明書
④ 医療費控除の明細書(医療費の領収書は提出は必要ありません)

控除を受けることによって節税になりますので、ぜひご活用くださいね!

2019年12月15日