消費税増税

こんにちは!
税理士の村井です。

ついに明日10月1日より、消費税率が8%から10%へ引き上げられます。
準備の方はいかがでしょうか?

10%への引き上げにあわせ消費税の軽減税率制度が実施され、飲食料品などが軽減税率の対象として8%の税率が適用されるため、8%と10%のものが存在する複数税率が導入されます。そこで二つの税率を明確に区分した請求書等が必要となってきます。

現在は請求書等保存方式が実施されていますが、明日10月1日からは区分記載請求書等保存方式が実施されます。
区分記載請求書等保存方式が導入されることで何が変わるかと言いますと、①軽減税率の対象品目である旨、②税率ごとに合計した対価の額(税込)を明記することを求めています。

請求書等の変更にあわせ、仕入税額控除を受ける為には、その内容及び軽減税率の対象である旨を記載し、税率ごとに区分経理するよう求められます。

区分記載請求書等保存方式は、2023年9月30日までの実施となり、その後は適格請求書等保存方式(インボイス制度)が導入されます。
インボイス制度というのは、なんとなく聞いたことがあるかもしれませんね。
インボイス制度は事前に登録機関への登録が必要であったり、登録事業者には適格請求書の発行義務が生じるなどの準備が必要となります。
インボイス制度については、またお話させていただきます。

まずは明日から始まる区分記載請求書等保存方式の請求書の書き方や記帳方法を押さえ、4年後の2023年10月に導入される適格請求書等保存方式(インボイス制度)に向けて準備をしていきましょう。

2019年09月30日