起業時の専門家

こんにちは。
税理士の村井です。

三連休はいかがお過ごしでしょうか?

話は変わりますが、皆さんが起業をしたいと考えたときに、誰に相談しますか?
なるべく費用を抑えるため一人で考えて、ネットで調べて、色々な手続きをする人もいるかもしれませんが、起業する業界の知識だけではなく、税務知識や労働法制の知識、役所への届け出など、様々な知識が必要となります。

そこで今回は起業時(法人)に関わる専門家を簡単ですが、ご紹介させていただきます。

【司法書士】
 ・会社設立手続き(会社設立登記申請等)

【行政書士】
 ・営業上必要となる許認可申請

【税理士】
 ・税務署等への各種届出書の提出
 ・会計、税務申告
 ・資金調達、創業融資

【社会保険労務士】
 ・社会保険等加入手続き
 ・厚生労働省関係の助成金

【弁護士】
 ・法律相談や契約書のチェック等

【弁理士】
 ・商標、特許の手続き

上記のように、相談すべき専門家が異なります。それぞれの専門家に適切な相談をすることが事業成功のコツの1つかもしれませんね。
当事務所では、起業・開業をされるお客様をバックアップし、新規開業をフルサポートしています。
会社設立にお悩みの方は初回相談を無料でお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

2019年07月14日