住宅ローン控除について

こんばんは!
税理士の村井です。

今年、住宅を買われてローンを組んでいる方についてお話をさせていただきます。

住宅ローン控除を受けるには確定申告をしなければなりません。サラリーマンの場合、2年目以降は勤務先の年末調整で控除を受けることができますが、1年目は確定申告をしなければなりません。

そもそもですが、住宅ローン控除とは、なに?
住宅ローンを金融機関より借りてマイホームを購入等をした場合に、一定の条件を満たしていれば、10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%を最大控除額として、納めた税金から還付される制度です。
住宅ローン控除を受けるには、マイホームを購入した翌年に確定申告をする必要があります。確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得を集計して所得税の額を計算し、税務署に申告することです。
確定申告をする義務のない人でも、給与などから源泉徴収された所得税額が、実際に納めるべき税額よりも多いときは、確定申告をすることで納めすぎた税金の還付を受けることができます。この申告を還付申告といいますが、住宅ローン控除で税金の還付を受けるための確定申告も還付申告に当たります。

確定申告の必要書類は以下の通りです。
・確定申告書Aと住宅借入金特別控除額の計算明細書
・住宅ローン残高証明書(融資額残高証明書)
・給与等の源泉徴収票
・建物や土地の登記事項証明書
・売買契約や請負契約の写し
確定申告のためには多くの書類が必要になります。後から慌てることのないように、早めに揃えておきましょう。

万が一、住宅ローン控除の確定申告を忘れてしまっても、あきらめる必要はありません。給与所得者の場合、所得税の還付は過去5年間まで遡って受けることができます。

住宅ローン控除は、要件を満たせば税金の額が減らせる税務上の特典です。
期限ギリギリになって慌てることのないように、早めに準備を進めて余裕をもって確定申告を済ませましょう。

2018年12月21日