医療費控除について

こんにちは。
税理士の村井です。

最近はかなり寒くなりましたが、体調を崩されていませんでしょうか?
今回は、医療費についてお話をさせていただきます。

医療費をたくさん支払った場合に、確定申告をすることにより所得税の還付を受けることができる制度が医療費控除です。
医療費控除は、年末調整ではできませんので、還付を受けるためには会社員であっても確定申告をする必要があります。

医療費控除とはどういう仕組みかと言うと、1月1日~12月31日までの1年間に支払った医療費が対象となります。ご自身のだけでなく生計を同一にする家族の分もまとめて申告することができます。
医療費控除の対象になる金額は、支払った医療費から保険金などで補填された額と10万円を引いた額となり、上限が200万円となります。しかし、総所得が200万円以下の人の場合には、10万円の代わりに総所得の5%を引いた額となります。

そして、医療費の対象となるのは、病院での治療費・入院費、薬代、治療に必要な松葉杖、歯の治療費などであり、さらに忘れてはいけないのが通院にかかる交通費も対象となる点です。

逆に、医療費の対象とならないのは、人間ドックなど健康診断の費用や予防注射の費用である病気の予防を目的とした医療費、美容整形の治療費用です。

申請の仕方ですが、平成29年分の確定申告から医療費の領収書は提出不要となり、その代わりに「医療控除の明細書」を提出することになりました。
しかし、領収書は破棄することなく、5年間は保管しておいてくださいね。

医療費が多いときは医療費控除を活用して節税をしてはいかがでしょうか?

2018年12月13日