申告漏れがあったらどうなる?

こんにちは。
税理士の村井です。

税務申告の提出及び税金納付には期限があります。
しかし何かの手違いで申告期限を過ぎてしまったら、どうなるのか?
結論を申し上げますと追加で税金が発生致します。申告漏れといってもいくつか種類がありますので、紹介しますのでご参考にしてくださいね。

まず一つ目ですが、全く申告をしてなかった場合はどうなるのか?
無申告の場合は、無申告加算税が課せられます。無申告加算税は原則として、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額となります。ちょっと高いですかねぇ!

次に、申告はしたが申告内容が誤っていた場合はどうでしょう?
納める税金が多過ぎた場合や還付される税金が少な過ぎた場合は、納税者側に追加で税金が発生することはありませんが、税金の還付を求めるために更正の請求という手続ができる場合があります。更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から5年以内です。
逆に納める税金が少な過ぎた場合や還付される税金が多過ぎた場合は、修正申告を行ってくださいね。修正申告をしたり、税務署から申告税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税がかかります。
しかし、税務署の調査を受ける前に自主的に修正申告をすれば、過少申告加算税はかかりませんので、間違いに気づいたら早めに修正申告を提出してください。

無申告加算税、過少申告加算税が発生する場合は、さらに追加で税金が発生する可能性があります。
税金が定められた期限までに納付されない場合には、原則として法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課せられます。
延滞税は本税を対象に課せられるものなので、加算税などに対しては課されません。

今回は申告が漏れていた場合にかかる税金を紹介致しました。申告ができていなかった、または申告したけれども納税額が少ない又は還付額が多い場合には迅速に対応することが必要となります。
みなさん正しい申告をしていきましょう。

2018年11月13日